長崎県南島原市 整形外科/リウマチ科/リハビリテーション科


ホーム > 診療内容
診療内容
小嶺整形外科は、骨・関節・筋肉・神経の病気やけがを治療します。次のような症状でお悩みの方はご相談下さい。
● 首・背中・腰が痛い
● 肩凝り
● 肩・肘・膝などの関節痛
● 手足の痺れ・腫れ・痛み
● 肉ばなれ
● 靱帯損傷
● 脱臼・骨折
● 打ち身・捻挫・切り傷
● 鞭打ち(交通事故によるものなど)
● 背骨・手足の変形
● スポーツに伴う痛み
● 歩き方・細かい動作がぎこちなくなった

など。上記以外の症状で専門科が分からない場合も遠慮なくご相談下さい。

※ 当院では最新鋭の医療機器により正確な診断を行い、個人の病態に合わせた最も効果的な治療法を選択します。
  痛みを抑える注射療法(関節注射・ブロック等)や、日帰り小手術も行います。
保険外診療について。
交通事故で受診した場合
交通事故の場合は当事者間で話し合いの上、支払方法を決めていただきます。
原則的に医療機関は介入致しません。相手が任意保険に加入されている場合はまず保険会社に連絡し、担当者と相談してください。
支払方法がはっきりわからないときは、預かり金をいただき、後日支払方法が決まった時点で精算させていただきます。

健康保険証使用については、基本は自らの疾病・ケガに対する給付であり、第3者により放害を受けた場合は原則的には給付は受けられません。
従って、健康保険を使用する場合には「第3者の行為による傷病届」が必要となります。お持ちの保険の保険者へお問合せください。

労災保険で受診する場合
労働者災害補償保険(以下労災)は労働者の業務上の負傷、疾病に対して補償される保険です。
労災保険で受診される場合には医療機関へ書類を提出していただく必要があります。
労災保険は労災指定病院でなければ適用されません(当院は労災指定病院になっております)。
労災指定病院以外では手続き方法が若干異なります。提出していただく書類は下記の通りです。

● 負傷、疾病にかかって初めて受診した医療機関 様式第5号
● 通勤災害の場合 様式第16号の3
● 医療機関を変更した場合 変更先の医療機関へ
● 様式第6号通勤災害の場合 様式第16号の4

・これら書類は俗に現認証とも呼ばれるもので、労働基準監督署でもらうことができます。
・院外薬局で薬剤の支給を受けた場合にも医療機関と同様に、書類を提出していただくようになります。

※ご不明な点があれば当院受付スタッフまでお気軽にお問合せください。

お問い合わせ